中小企業診断士とは

中小企業診断士の役割

中小企業診断士は、中小企業の課題に対応した経営コンサルティングを行う専門家です。
経営コンサルタントとしては、唯一の国家資格です。

企業経営の全体像を表す「企業ピラミッド」という概念があります。
企業経営における最も重要な上位概念は経営理念(「当社は何のために存在するのか」)です。その存在理由を受けて、経営目標(「当社は何を行い、どこを目指すのか」)を設定し、経営理念や経営目標を達成するための方針としての経営戦略、そして経営戦略に基づく日々の実務である戦術(「どのように実行するのか」)を決定します。

税理士、社会保険労務士、弁護士などの他の士業が戦術部分のサービスを提供するのに対して、中小企業診断士は経営理念から戦術まで経営のすべてを支援することが可能です。

※中小企業庁HPより※

中小企業診断士(以下「診断士」という。)は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。

中小企業診断士制度は、「中小企業支援法(昭和38年法律第147号)」(以下「支援法」という。)第11条及び、「中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則(平成12年9月22日通商産業省令第192号)」に基づいて、経済産業大臣が登録する制度です。

診断士は、企業の成長戦略策定やその実行のためのアドバイスが主な業務ですが、中小企業と行政・金融機関等を繋ぐパイプ役、また専門的知識を活用しての中小企業施策の適切な活用支援等幅広い活動が求められています。

中小企業診断士になるには

1)まず、経営に関する7科目の第1次試験があります。

「経済学・経済政策」、「財務・会計」、「企業経営理論」、「運営管理(オペレーション・マネジメント)」、「経営法務」、「経営情報システム」、「中小企業経営・中小企業政策」

2)次に、4つのテーマに関する論述試験と口述試験の第2次試験があります。

「組織・人事」、「マーケティング・流通」、「生産・技術」、「財務・会計」
(第2次試験の代わりに、有償で中小企業診断士を養成する機関に通うという選択肢もあります)

3)そして第2次試験に合格した後に、15日以上のコンサルティング実務に従事すると、中小企業診断士として登録されます。